|  2016  |  2015  |  2014  |  2013  |  2012  |  2011 |

|  2010  |  2009  |  2008  |  2007  |  2006  |  2005  |

2017年


岐阜で講演します。お近くの方、どうぞ!
特別講義『近未来のモードファッションと社会デザイン学』
(岐阜市立女子短期大学生活デザイン学科特別講義)
日時:2017年10月17日(火)14時40分〜16時10分
場所:岐阜市立女子短期大学 5F大講義室 1-501
〒501-0192 岐阜市一日市場北町7番1号
問い合わせ:岐阜市立女子短期大学生活デザイン学科(担当:中谷)
電話:058-296-3131

金滿里さん公演「寿ぎの宇宙」ご案内
昨年度社会デザイン賞優秀賞の金さんが東京で公演します。
日時:2017年10月13日(金)〜15日(日)
場所:d-倉庫(東京都荒川区東日暮里6-19-7)
詳細は下記をご覧願います。
劇団態変 Tel/Fax 06-6320-0344
E-mail: taihen.japan@gmail.com

「菊地星女展〜ぜんまい手紡ぎ織いのちを紡ぐ」のお知らせ
菊地栄さん(北組修了生)のお母さんの作品展です。
日時:2017年10月6日(金)〜10日(火)
   10 :00−18 :00(最終日は16 :00まで)
会場:旧石原家住宅(登録有形文化財、通称:石原邸)
 愛知県岡崎市六供町杉本70番地
問合せ:nagi10sk@yahoo.co.jp
電話:090-4464-7402

化粧文化研究会(第44回)(無事終了です)
主催:化粧文化研究者ネットワーク
講師:小出治都子(大阪樟蔭女子大学化粧ファッション学科講師)
題目:ショップチャンネルから見る化粧文化
日時:2017年9月15日(金) 14:00−16:45
会場: 大阪樟蔭女子大学4号棟3階 メイク実習室2
〒577-8550 大阪府東大阪市菱屋西4-2-26
*要・事前申し込み、参加費・資料代:500円
お申し込み先:化粧文化研究者ネットワーク世話人
川野佐江子宛 kawano.saeko@osaka-shoin.ac.jp
あるいは化粧文化研究者ネットワークHP上で

社会デザイン学会2017年度年次大会開催
テーマ:統一テーマ:研究と実践の現場から次の飛躍へ
日時:2017年7月16日(日) 10:00〜18:30
場所:立教大学池袋キャンパス

新刊案内 片上平二郎さん(北山ゼミ修了生)が単著を出版しました。
『「ポピュラーカルチャー論」講義−時代意識の社会学−』(晃洋書房、2017/7/20)
詳しくは、amazon等でどうぞ。

化粧文化研究会(第43回)開催のお知らせ
(終了、たいへん盛況でした)
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2017年7月1日(土) 14:00〜15:30
会場: 伊勢半本店 紅ミュージアム(13:45 現地集合)
(学芸員の方による説明、紅刺し体験、等を含む)
〒107-0062 東京都港区南青山6-6-20 K's南青山ビル1F
研究会終了後(16:00〜)に懇親会(別途会費制)を予定。
申し込み先:化粧文化研究者ネットワーク事務局窓口までお願いします
事務局窓口:高野ルリ子ruriko.takano@to.shiseido.co.jp
(株式会社資生堂ビューティークリエーション部)
あるいは担当世話人 山本芳美 yosyj@tsuru.ac.jpまで。

新刊(編著)『乳房の科学』(乳房文化研究会編、朝倉書店、2400円)を6月20日刊行。
これで『乳房の文化論』(淡交社、2014年12月)に次ぐ、乳房論2部作の完成です。

『乳房の科学』出版記念研究会を開催します。
(ワコール新京都ビル、6月24日(土)13時30分〜)
基調講演「乳房文化研究会の歩み」講師:田代眞一 乳房文化研究会会長
記念講演1「乳房の内と外をやさしく科学で読み解く」講師:河田光博 佛教大学保健医療技術学部教授
 特別パフォーマンス「乳房の動きと美しさ」
 記念講演2「乳房(おっぱい)にこころはあるか」講師:北山晴一 立教大学名誉教授

日本脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会北海道帯広大会
6月10日(土)、11日(日)の2日間、帯広駅前の「とかちプラザ」で開催。
大会テーマ:オベリベリの大地からの発信
主催:一般社団法人日本脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会
なお、私は大会2日目(11日)午後の下記シンポで座長をします。
シンポジウム「共に生きる地域 共に生きる社会の創造」(13時〜14時30分)
問い合わせ:obihiro.keakomi@gmail.com

講演(キャンパスプラザ京都、2016年7月)の記録が論文として下記に掲載されました。
講演論文テーマ:「消費社会の発展と近代的身体の発見」
掲載誌:京都橘大学女性歴史文化研究所紀要25号
(「女性歴史文化研究所第25回シンポジウム報告「近代ヨーロッパ社会における身体表現と身体ケア―食とファッションを中心に―」」

「なら食と農の魅力創造国際大学校(NAFIC)」で集中講義を始めました。
2017年4月から奈良県桜井市にある上記の機関で「世界の食文化」を担当します。

立教セカンドステージ大学に復帰します。
2017年4月からゼミナール担当、9月からは授業「俗世間と認識論」も行います。

化粧文化研究会(第42回)
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2017年3月3日(金) 14:00−16:45
会場: 大阪樟蔭女子大学 小阪キャンパス 4号棟3階 メイク実習室2
 〒577-8550 大阪府東大阪市菱屋西4-2-26
 06-6723-8181(大学)
講師:木戸 彩恵 氏(関西大学文学部 准教授)
題目:「文化心理学から捉える化粧行為」
(要・事前申し込み、参加費・資料代:500円)
申し込み先:化粧文化研究者ネットワーク事務局窓口までお願いします
 事務局窓口:株式会社資生堂ビューティークリエーション部
高野ルリ子ruriko.takano@to.shiseido.co.jp
お申し込み締め切り:2017年2月25日(土)
社会デザイン賞表彰式および記念講演会のお知らせ(申込み不要、入場無料)
主催:社会デザイン学会、協賛:日本法制学会
日時:2017年2月21日(火)18時30分から
場所:立教大学池袋キャンパス・マキムホール3階 M301
受賞者・受賞団体:
〇社会デザイン大賞
藤田和芳 氏(株式会社 大地を守る会 代表取締社長)
〇同 優秀賞
劇団態変(主宰・芸術監督 金 満里 氏)
〇社会デザイン学会奨励賞 
NHK福祉ポータル・ハートネット(チーフ・プロデューサー 星野真澄 氏)
ハウジングファースト東京プロジェクト(「世界の医療団」事務局長 畔柳奈緒 氏)
〇社会デザイン学会特別賞
福原義春 氏(株式会社資生堂名誉会長、社会デザイン学会顧問)
受賞式の後、記念講演とスピーチがあります。


2016年
化粧文化研究会(第41回)
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2016年12月17日(土) 14:00−16:45
講師:城戸崎 雅崇 氏
題目:「浮遊する美人〜美人とは何か」
会場:資生堂 汐留FSビル 11F SABFA教室
〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-16
※汐留FSビルへの交通・アクセス地図
http://www.jface.jp/img/fs-map.JPG
(要・事前申し込み、参加費・資料代:500円)
申し込み先:化粧文化研究者ネットワーク事務局
(事務局 株式会社資生堂ビューティークリエーション部)
新井 aya.arai@to.shiseido.co.jp までお願いします。
申し込み締め切り:12月9日(金)
下記URLのPDFファイルもご利用ください。
http://www.jface.jp/pdf/event161217.pdf

社会デザイン学会年次大会(第11回)
年間テーマ:「いまあらためて社会デザインを考える〜社会デザイン学の15年、社会デザイン学会の10年のなかで〜」
日時:2016年12月10日(土)、11日(日)
場所:立教大学池袋キャンパス
(1日目は学会員研究会、2日目(公開)には演劇パフォーマンス、パネル討論もあります)
詳細については、下記HPをご覧ください。
http://www.socialdesign-academy.org/
http://www.socialdesign-academy.org/congress/program2016.htm
シンポジウム「トランスカルチャー状況下における顔・身体学の構築」のご案内
主催: 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究人類学班
期日: 平成28年12月9日(金)14:00-18:30
会場: 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研) 303号室
    (アクセスは下記URL内をご参照ください)
    http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access/
オーガナイザー
 山口真美(中央大学)・渡邊克巳(早稲田大学)・
 床呂郁哉(東京外国語大学)・西井凉子(東京外国語大学)
講演者
 山口真美(中央大学)・渡邊克巳(早稲田大学)
 河野哲也(立教大学)
 高橋康介(中京大学)・島田将喜(帝京科学大学)・ 大石高典(東京外国語大学)
 塩谷もも(島根県立大学)
 吉田ゆか子(東京外国語大学)
コメンテーター
 原島博(東京大学)
 北山晴一(立教大学)
 柿木隆介(自然科学研究機構生理学研究所)
事前登録および参加費は不要です。
詳細については以下のポスターもご覧ください。
http://www.jface.jp/pdf/event161209.pdf

講演(2016年7月9日開催キャンパスプラザ京都)内容が紹介されました
京都橘大学女性歴史文化研究所第25回シンポジウム報告
「近代ヨーロッパにおける身体表現と身体ケア〜食とファッションを中心に」
講師:南直人(京都橘大学教授)、北山晴一(立教大学名誉教授)
報告書執筆:指 綾羽(京都橘大学女性歴史文化研究所リサーチアシスタント)
冊子名:CHRONOS 2016 vol.38
発行所:京都橘大学女性歴史文化研究所

友人・知人・旧ゼミ生、他のみなさんの新刊案内です(2016年11月)。
ぜひ読んでみてください。
*江川悦子『江川悦子の特殊メイクアップの世界」(主婦の友社発行)。
*石田紘一(写真集)『The Walker』(蒼穹社)

立教大学ホームカミングデー(10月16日)で講演
日時:2016年10月16日(日)13時〜14時
場所:立教大学池袋キャンパス本館1202教室
講演:「アメリカ式ビジネスモデルとフランス式ビジネスモデル」(仮題)

社会デザイン賞(社会デザイン学会主催)候補を募集中です。
下記をご覧のうえ、ぜひ奮って応募してください。
締め切りは、2016年10月15日(厳守)です。
http://www.socialdesign-academy.org/program-2.html

友人・知人・旧ゼミ生、他の新刊案内です。
ぜひ読んでみてください。
*山本芳美さん『イレズミと日本人』(著者:山本芳美、平凡社新書)
*菊地栄さん『産み育てと助産の歴史 近代化の200年を振り返る』 (編者:白井千晶、医学書院)
*安斎徹さん『企業人の社会貢献意識はどう変わったのか』 (著者:安斎徹、ミネルヴァ書房)

化粧文化研究会(第40回)(じつに楽しく終了)
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2016年9月11日(日)
場所:シャレコーベ・ミュージアム(尼崎市)
講師:河本圭司先生(館長)
詳細は、下記のHPをご覧ください。
http://keshobunka.com/next.html
事務局 株式会社資生堂ビューティークリエーション部
宮前祐貴(直通):03-6253-1294  yuki.miyamae@to.shiseido.co.jp
(要・事前申し込み、参加費・資料代:500円)

対談予定
「人口減時代におけるビジネスと社会デザイン」
(終了、ぜひ続きを!)
対談のお相手は、平川克美さん(立教大学大学院ビジネスデザイン研究科客員教授)
どんな話の展開になるのか、楽しみです。
日時:2016年9月10日(土)16:00〜17:30
場所:立教大学池袋キャンパス15号館 M301教室
(詳細は、http://www.socialdesign-academy.org/bd2016.pdf

大阪樟蔭女子大学で講演
テーマ:化粧ファッショントレンドと私たちの今〜山口小夜子からイスラム国まで〜
日時:2016年7月17日(日)15:30〜17:00
場所:大阪樟蔭女子大学翔空館10階S1001教室
主催:大阪樟蔭女子大学学芸学部化粧ファッション学科
共催:関西ファッション連合(KanFA)
協力:神戸ファッション美術館

京都で講演(京都橘大学女性歴史文化研究所シンポジウム)
テーマ:「近代ヨーロッパ社会における身体表現と身体ケア--食とファッションを中心に--」
日時:2016年 7月9日 (土)13:30〜17:00
会場:キャンパスプラザ京都(ほとんど京都駅前)
講師:北山晴一(立教大学名誉教授)
講師・コーディネーター:南 直人(京都橘大学教授)
定員:250名(先着順受付)
受講料:無料 ※事前にお申込が必要です。
詳細は、こちらの <PDF チラシ>
または、京都橘大学HP↓をご参照ください。
http://www.tachibana-u.ac.jp/research_area/extention/2016/02/post-61.html

化粧文化研究会(第39回)
主催:化粧文化研究者ネットワーク
テーマ:「シンデレラテクノロジー:女の子たちの「盛る」技術」
講師:久保 友香(東京大学大学院情報理工学系研究科特任研究員)
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
日時:2016年6月25日(土) 14:00−16:45
会場:資生堂 汐留FSビル 11F SABFA教室 〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-16
☆汐留FSビルへの交通・アクセス地図は、こちら<PDF>をご参照ください。
事務局 株式会社資生堂ビューティークリエーション部
宮前祐貴(直通):03-6253-1294  yuki.miyamae@to.shiseido.co.jp
(参加費・資料代:500円)

社会デザイン学会総会&公開講演会
(総会)
日時:2016年6月18日(土)13時から
場所:
 立教大学池袋キャンパス太刀川記念館3階多目的ホール
(公開講演会) <参加者120名、盛況の裡に終了>
 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科と共催
テーマ:いまあらためて社会デザインを考える:共同体を支える理念とは何か〜倫理、制度、現実の交錯する中で
日時:2016年6月18日(土)14時〜18時10分
場所:
 立教大学池袋キャンパス太刀川記念館3階多目的ホール
講師:
 宮島喬(お茶の水女子大学名誉教授、社会学)
 西谷修(立教大学大学院特任教授、哲学)
 佐野敦子(社会デザイン学会理事、ドイツ研究)
ディスカッサント:
 北山晴一(立教大学名誉教授、社会デザイン学)
モデレーター:
 中村陽一(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)
問合せ先:立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科
電話:03-3985-2181(月〜金)11時〜18時

日本脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会 東京大会
(当事者主体の実行態勢のもと、とてもエンパワーされる大会でした)
大会テーマ:ともに学ぶ 〜つなごう!人と情報〜
開催日時:2016年6月11日(土) 13:00〜18:00
6月12日(日) 9:30〜15:30
開催会場:東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂(M&Dタワー2F)
湯島キャンパス 東京都文京区湯島1-5-45
大会長:長谷川 幹(三軒茶屋リハビリテーションクリニック 院長)
*プログラム3「暮らすということから学ぶ」(初日17:15〜)は当事者お三方のパネル討論(司会は北山が担当)
パネリスト:茉本亜沙子さん、天畠大輔さん、熊谷晋一郎さん

化粧文化研究会(第38回)開催
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2016年3月11日(土)14時〜17時(質疑を含む)
会場:大阪樟蔭女子大学(小阪キャンパス清志館G304教室)
講演:容姿の美を考える - 美容芸術学の視点から
講師:武藤 祐子(大阪樟蔭女子大学)
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
(参加費・資料代:500円)
事務局 株式会社資生堂ビューティークリエーション部
宮前祐貴 電話03-6253-1288 yuki.miyamae@to.shiseido.co.jp

社会デザイン賞表彰式および記念講演会
主催:社会デザイン学会、協賛:日本法制学会
日時:2016年2月25日18時30分から
場所:立教大学池袋キャンパス<7102教室>
受賞者・受賞団体:
 社会デザイン大賞 三陸鉄道株式会社
 社会デザイン学会奨励賞 NPO法人マイフェイス・マイスタイル
受賞記念講演会(18時50分から):
演題 「東日本大震災から5年〜鉄道、地域、グローバル」
講師 望月正彦(三陸鉄道株式会社社長)
詳細は下記をご覧ください。
学会HP:http://www.socialdesign-academy.org/
取材記事もあります(毎日新聞)
http://mainichi.jp/univ/articles/20160307/org/00m/100/071000c

「連続講座〈立教から平和を発信する〉」(第1回)で話題提供
当日は教職員・学生・卒業生・名誉教授・元職員など、約50名の方に参加いただきました。
主催:安全保障関連法に反対する立教人の会・事務局
(ホームページ: http://rikkyo9.wix.com/home#!blank/nb9mk)
日時:2016年1月21日18時30分から
場所:立教大学池袋キャンパス12号館地下会議室
話題1:今の事態をなぜ危機と見るのか――アジア・太平洋戦争と教育の体験から(寺崎昌男名誉教授、教育学)
話題2:ふたたび「自由の学府」とうたうために―戦後立教、信頼回復の歩み(北山晴一名誉教授、社会デザイン学)
コーディネータ:奥村隆(立教大学教授、社会学)
次回予告:「沖縄」をテーマに、浅井春夫さん(立教大学教授)がコーディネートの予定

高校生のための『ちくま評論入門・改訂版』(筑摩書房)に拙文が収録されました。
拙著『衣服は肉体になにを与えたか』(朝日選書)のなから「4.衣服という社会」の一部が選ばれています。


2015年
東京外国語大学シンポジウム「顔と身体表現に基づく異文化理解」ご案内
日時:2015年12月13日(日)15時〜19時
場所:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)303号室
(アクセス:http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
詳細はこちらの<PDFファイル>http://www.jface.jp/pdf/event151213.pdfをご参照ください。
コメンテーターとして登壇予定です。

化粧文化研究会(第37回)開催
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2015年12月13日(日)15時〜19時
場所:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)303号室
 (アクセス:http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access
◎ご注意:第37回研究会は下記のシンポジウムに合流して行われます。
(入場無料、予約不要)
テーマ:顔と身体表現に基づく異文化理解
(東京外国語大学AA研基幹研究「人類学におけるミクロ-マクロ系の連関」)
17:30~18:00(コメント時間)
コメンテーター:
 金澤創(日本女子大学教授)
 北山晴一(ネットワーク代表)
 原島博(東京大学名誉教授)
事務局 資生堂ビューティクリエーションセンター(中野三津子)
     電話03-6253-1288  mitsuko.nakano@to.shiseido.co.jp

社会デザイン学会第10回大会
統一テーマ:いまあらためて社会デザインを考える
日時:2015年11月28日(土)&29日(日)
場所:跡見学園女子大学文京キャンパス
(以下、プログラムの抜粋です)
 第1日目:研究討論
基調講演(対談):「個人を生きる、社会を生きる」
   講師:永井 愛(劇作家)
   聞き手:曽田修司(跡見学園女子大学教授)
 第2日目:公開講演会とパネル討論
  テーマ:「コミュニティデザイン学の現状とこれからの人材育成」
*詳細は学会HPをご覧ください。 http://www.socialdesign-academy.org/

共編著『顔の百科事典』(日本顔学会編、丸善出版、2015年9月刊)が出版されました。
私の担当箇所は、5章(社会・文化・時代の反映としての顔〜顔の社会学)です、
少し高めですが、すごく役立ちます。図書館&座右にどうぞ!

化粧文化研究者ネットワークと日本顔学会
日本顔学会大会(2015年9月12日&13日、中京大学)で以下の企画参加をしました。
1)現代日本の化粧文化と顔(パネル討論)
  パネリスト:富川栄、米澤泉、北山晴一、司会:高野ルリ子
2)ブース展示「化粧文化研究者ネットワーク研究会 in 顔学会」

化粧文化研究会(第36回)開催
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2015年9月11日(土)14時〜17時(質疑を含む)
会場:神戸ファッション美術館
講演:顔つきマネキンの魅力(収蔵庫の見学と解説)
講師:浜田久仁雄氏(主席学芸員)
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
(参加費・資料代:500円)
事務局 資生堂ビューティクリエーションセンター(中野三津子)
     電話03-6253-1288  mitsuko.nakano@to.shiseido.co.jp

化粧文化研究会(第35回)開催
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2015年6月27日(土)14時〜17時(質疑を含む)
会場:汐留FSビル 11階 SABFA(サブファ)講義室
  〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-16
  地図: http://www.jface.jp/img/fs-map.JPG
講演:女装と日本人(仮題)
講師:三橋順子
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
(参加費・資料代:500円)
事務局 資生堂ビューティクリエーションセンター(中野三津子)
     電話03-6253-1288  mitsuko.nakano@to.shiseido.co.jp

社会デザイン学会総会と公開講演会
 2015年5月23日(土)午後からです。
社会デザイン学会総会 12時50分〜13時20分
公開講演会 13時40分〜16時30分
テーマ:いまあらためて社会デザインを考える:危機の中の社会統合〜ともに生きる条件を考える
講師:浪岡新太郎(明治学院大学准教授)、藤巻秀樹(北海道教育大学教授)、坂本文武(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科准教授)
モデレータ:笠原清志(跡見学園女子大学教授)
場所:立教大学池袋キャンパス15号館M301教室
○詳細は、学会HPをご覧ください。 http://www.socialdesign-academy.org/

脳損傷者ケアリングコミュニティ学会(第5回、愛知大会)(盛況のうちに終了)
大会テーマ:“夢から始まるもの創り!人と道具で未来を照らせ!”
日時:2015年5月16日(土)13時〜、17日(日)9時30分〜
場所:シビックホール(尾張一宮駅 i-ビル7階)
2日目のパネルディスカッション「役割を担うわたし《しごとを通してコミュニティを考える》」に参加。たくさんの貴重な出会いがありました。
パネリスト:
 谷川陽美
 (社会福祉法人名古屋身体障害者福祉連合会)
 赤井知久(福井酒造株式会社)
 長谷川宏(哲学者)
 北山晴一(社会学者)
座長:
 阿部順子(岐阜医療科学大学)
 加藤俊宏(NPO法人高次脳機能障害者支援「笑い太鼓」・高次脳機能障害者支援センター)

天野正子さんご逝去
社会デザイン賞の選考委員のおひとり天野正子さん(お茶の水女子大学名誉教授)が2015年5月1日、亡くなられました。残念でなりません。心からお悔やみ申し上げます。合掌

安房鴨川で新生活を開始
39年間の大学教員生活(パリ第3大学11年、立教大学28年、同時に最後の5年間は大阪樟蔭女子大学)を終え、2015年4月1日から人生のサードステージに入りました。これまでやり残してきた宿題の完成に向けて貴重な時間を使っていきたいと願っています。

小関孝子さんの博論(2013年提出)が下記タイトルで出版されました。
書名:生活合理化と家庭の近代 全国友の会による「カイゼン」と『婦人の友』
(勁草書房、刊行日:2015年2月20日、朝日新聞書評:4月4日朝刊)

大阪樟蔭女子大学を退職しました(2015年3月31日)
村田仁代と村澤博人、親しかったこの2人の友人・同志の遺志を幾ばくかでも実現できればとの思いで着任してから5年、一応の礎(大学院化粧ファッション学専攻の実現)を置いての退任です。この分野での専門性の確立と人材の育成を願ってやみません。合掌。

化粧文化研究会(第33回)開催
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2015年3月13日(土)14時〜17時(質疑を含む)
会場:大阪樟蔭女子大学(小阪キャンパス4号棟3階メイク実習室2)
講演:チベットの化粧(仮題)
講師:高田定樹(大阪樟蔭女子大学教授、化粧品科学)
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
(参加費・資料代:500円)
事務局 資生堂ビューティクリエーションセンター(中野三津子)
     電話03-6253-1288  mitsuko.nakano@to.shiseido.co.jp

社会デザイン賞表彰式のご案内
主催:社会デザイン学会、協賛:日本法制学会
日時:2015年2月25日18時30分から
場所:立教大学池袋キャンパス<1203教室>
受賞者名、選考委員名など詳細は学会HPをご覧ください。  http://www.socialdesign-academy.org/

『乳房の文化論』(乳房文化研究会編、淡交社)出版記念会のご案内
下記の要領で行います。
主催:乳房文化研究会、協賛:株式会社ワコール
日時:2015年2月21日(土)14時〜16時50分
場所:Restaurant Bar “CAY”-カイ-
   (表参道スパイラルビル地下1階) 東京都港区南青山5−6−23
記念講演(下記いずれも仮題):
 「乳房文化研究会20年の歩み」田代眞一(会長、病態科学研究所所長)
 「『乳房の文化論』出版について」北山晴一(大阪樟蔭女子大学教授)
 「OPPAI ART LAB アーカイヴ」本郷重彦(造形作家)
 「女子的乳房〜メディアと下着と身体と〜」米澤泉(甲南女子大学准教授)
記念講演終了後、パーティ(有料)を予定しております。
連絡先:乳房文化研究会事務局(岸本・平田) 電話:075(682)1178 FAX:075(682)1037

大阪樟蔭女子大学大学院「化粧ファッション学専攻」が3年目を迎えます。
社会人対応、男女共学、昼夜開講
募集定員:10名
試験日:2月28日(土)
出願期間:2月6日(金)〜2月20日(金)
出願資格審査面接申込締め切り:2月2日(月)
進学相談会:1月14日(水)、21日(水)18時から
http://www.osaka-shoin.ac.jp/gs/whatsnew/whatsnew/3996/whatsnew_detail.html
E-mail:beauty-fashion@osaka-shoin.ac.jp


2014年
化粧文化研究会(第32回)開催(終了)
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2014年12月13日(土)14時〜17時(質疑を含む)
会場:汐留FSビル 11階 SABFA(サブファ)講義室 ※変更しました
  〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-16 <地図>: http://www.jface.jp/img/fs-map.JPG

講演:「美容整形と<普通のわたし>」
講師:川添裕子(松陰大学教授)
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
研究会参加費:500円 研究会終了後に懇親会を予定(別途会費制)
事務局 資生堂ビューティクリエーションセンター(中野三津子)
     電話03-6253-1288  mitsuko.nakano@to.shiseido.co.jp

社会デザイン学会第9回年次大会のご案内(盛況のうちに終了)
統一テーマ
「こどもと社会デザイン〜幸福論から考えるこどもの現在」(詳細は学会HPをご覧ください
日時:2014年12月6日(土)、7日(日)
場所:立教大学池袋キャンパス
(2日間連続シンポジウム)
【第1日目】12月6日(土)13:30〜18:00
 「こどものいる社会〜こどもと大人がともに生きやすい社会へ」
 基調講演:原ひろ子(お茶の水女子大学名誉教授)
 パネル討論:湯澤直美(立教大学教授)、井戸まさえ(元衆議院議員)、
         西田陽光(一般社団法人次世代研究機構代表)、堤治(コピーライター)
【第2日目】12月7日(日)13:30〜18:00
 「幸福論から考えるこどもの現在」
 基調講演:廣岡守穂(中央大学教授)
 対論:廣岡守穂×北山晴一(社会デザイン学会会長)
 パネル討論:長谷川まゆ帆(東京大学大学院教授)、石坂わたる(中野区議会議員)、
         竹下秀子(滋賀県立大学教授)
問い合わせ先:社会デザイン学会事務局 info@socialdesign-academy.org
○立教大学池袋キャンパスへのアクセス http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/

共編著『乳房の文化論』が刊行されました。
 (淡交社、2014年11月19日刊行)

化粧文化研究会(第31回)開催
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2014年10月18日(土)14時〜17時(質疑を含む)
会場:文化学園博物館(新宿)
講演:「雛人形・雛道具に映し出された雛の世界」(文化学園博物館展示)見学とレクチャー
講師:未定
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
事務局 資生堂ビューティクリエーションセンター  電話03-3494-8554 FAX 03-3490-3946
     中野三津子 mitsuko.nakano@to.shiseido.co.jp
毎日新聞「うちの教授」(2014年8月12日)に登場しました。

拙著『世界の食文化16 フランス』(農文協)
ミニ改訂版ができました。


Anrealage森永邦彦さんとの対論(2014年1月31日開催)
記録がACROSS(パルコ)にアップされました。

化粧文化研究会(第30回)開催
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2014年6月21日(土)14時〜17時(質疑を含む)
会場:資生堂 五反田オフィス 4階会議室(住所は下記参照)
講演:チャイナドレスと化粧---美しいのは服か顔か
講師:謝黎(東北芸術工科大学専任講師)
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
(参加費・資料代:500円)
事務局 資生堂ビューティクリエーションセンター 東京都品川区西五反田3-9-1 〒141-0031
     電話03-3494-7949 (内線:83914)  青木 伸子nobuko.aoki@to.shiseido.co.jp

社会デザイン学会公開講演会「こどもと社会デザイン1」
主催:社会デザイン学会立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科
日時:2014年5月24日(土)14時〜18時
会場:立教大学池袋キャンパス(マキムホール MB01教室)
テーマ:こどもの生まれにくい国 少子化・生殖のゆくえ
基調講演:鬼頭宏(上智大学教授)
報告:松田茂樹(中京大学教授)、白井千晶(静岡大学准教授)
コーディネーター:菊地栄(一般社団法人社会デザイン研究所特別研究員)
詳細はこちら [PDF形式]: http://www.socialdesign-academy.org/20140524-2.pdf
問い合わせ先:立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 03-3985-2181
社会デザイン学会 info@socialdesign-academy.org
○立教大学池袋キャンパスへのアクセス
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/

第4回脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会福島大会
日時:2014年5月10日(土)〜11日(日)
会場:会津若松市文化センター
大会テーマはこちらの大会HPをご覧ください。 http://caring.co-site.jp/carecom/index.html

化粧文化研究会(第29回)開催
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2014年3月13日(土)14時15分〜17時(質疑を含む)
会場:大阪樟蔭女子大学(小阪キャンパス)
講演:化粧の心理学 in 大阪樟蔭女子大学(仮題)
講師:仲渡江美(大阪樟蔭女子大学講師)
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
(参加費・資料代:500円)
事務局 資生堂ビューティクリエーションセンター 東京都品川区西五反田3-9-1 〒141-0031
     電話03-3494-7949 (内線:83914) 青木 伸子nobuko.aoki@to.shiseido.co.jp

社会デザイン賞表彰式のご案内
主催:社会デザイン学会、協賛:日本法制学会
日時:2014年2月22日17時から
場所:立教大学池袋キャンパス第1食堂2階「藤棚」
受賞者名、選考委員名など詳細は学会HPをご覧ください。http://www.socialdesign-academy.org/

ANREALAGE森永邦彦さんと対談
主催:社会デザイン学会モードファッション研究会
日時:2014年1月31日19時30分〜21時30分
場所:coromoza(表参道)
参加費: 1000円(飲み物付き)
詳細はこちらをご覧ください。 https://www.facebook.com/events/575428539198523/
(満員御礼、盛況のうちに終了。次回をご期待ください。)


2013年
化粧文化研究会第28回のご案内
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2013年12月14日(土)14時〜17時(質疑を含む)
会場:資生堂 五反田オフィス 4階会議室
講演:笑顔と化粧にともなう印象変化
講師:高野ルリ子(資生堂 ビューティークリエーション研究センター)
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
(参加費・資料代:500円)
事務局 &申込先
   資生堂ビューティクリエーションセンター 青木伸子nobuko.aoki@to.shiseido.co.jp

社会デザイン学会誌Social Design Review vol.5に巻頭言掲載

社会デザイン学会大会開催
大会テーマ:3・11後のアート・文化と社会デザイン
日時:2013年12月7日(土)、8日(日)
場所:立教大学池袋キャンパス
詳細は学会大会HPをご参照ください。
天野祐吉氏ご逝去
社会デザイン学会「社会デザイン賞」選考委員をお願いしてあった天野祐吉氏が10月20日逝去されました。ただ、ただ驚くばかりです。心からご冥福をお祈りいたします。

DRESSTUDY(京都服飾文化研究財団研究誌)64号に寄稿
(2013年10月1日発行)
タイトル:「既製服普及以前の衣料品流通の光景」CLOTHING DISTRIBUTION IN EUROPE IN THE DAYS BEFORE READY-TO-WEAR
(フランスを中心とした18世紀以前のヨーロッパの衣料品業界の話です)
『石毛直道さんとわたし』(『石毛直道自選著作集』出版記念冊子)に寄稿
タイトルは「遊びをせんとや・・・?」
(石毛さんの友人、知人、仲間である101名が執筆したとても楽しい冊子です!)
編集:ドメス出版、刊行:2013年9月22日

化粧文化研究会(第27回)開催
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2013年9月13日(土)14時〜17時(質疑を含む)
会場:大阪樟蔭女子大学(小阪キャンパス)
講演:「お相撲さんの身体」
講師:川野佐江子(大阪樟蔭女子大学准教授)
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
(参加費・資料代:500円)
事務局 資生堂ビューティクリエーションセンター 東京都品川区西五反田3-9-1 〒141-0031
     電話03-3494-7949 (内線:83914)  青木 伸子nobuko.aoki@to.shiseido.co.jp

OPPAIπr事情展
ART LAB 2013「おっぱいアート展」開催

日時:2013年7月17日(水)〜21日(日)
場所:臨済宗建仁寺塔頭 禅居庵
主催:乳房文化研究会 協賛:株式会社ワコール
審査員:本郷重彦、北山晴一、鈴木淳子、坂里祭、小森尚子
問合せ先:(株)ワコール人間科学研究所ART展係  電話:075-682-1178 FAX:075-682-1037
*アート展関連催事として「連歌の会」(高城修三氏主宰、7月20日午後)もあります。こちらにもどうぞ。(事後談:連歌会にはじめて参加。発句を仰せつかり難儀しました。)

VANITAS(ファッション批評誌)第2号(20〜45頁)にインタビュー掲載
タイトルは「モードファッション研究と社会デザイン」となっています。
聞き手は、水野大二郎さん(慶応大学)と蘆田裕史さん(京都精華大学)です。

化粧文化研究会(第26回)開催のご案内
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2013年6月29日(土)13時30分〜17時30分(質疑を含む)
集合場所・時間:松屋浅草店1階正面口 13時30分集合
会場:皮革産業資料館・浅草ものづくり工房
 〒111-0023 東京都台東区橋場1-36-2台東区産業研修センター内 03-3872-6780
講演:「日本の靴づくりとハイヒール」(15時〜16時)
講師:稲川實(皮革産業資料館副館長)
報告:「インド人の世界観」
 報告者:姫野徳子(資生堂ビューティークリエーション研究センター)
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
(参加費・資料代:500円)
事務局 noriko.himeno@to.shiseido.co.jp

社会デザイン学会総会&公開講演会開催
(詳細は学会HP参照
場所:立教大学池袋キャンパス7号館(7102教室)
日時:2013年5月25日(土)
学会総会:13時〜14時
公開講演会:14時〜17時 
テーマ「3・11以後のアート・文化と社会デザイン」

観光文化(第217号,2013年4月刊7〜12頁,)に執筆
「フランスにおけるテロワールの再発見〜徒歩から馬車、鉄道、車、そして徒歩への回帰」
発行:公益財団法人 日本交通公社

脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会神奈川大会
大会HP:http://caring.co-site.jp/carecom/index.html
日時:2013年4月13日(土)〜14日(日)
会場:障害者スポーツ文化センター「横浜ラポール」
大会テーマ『地域で生きる、帆をあげて』
(1日目)
・秋田からの1年 長田乾(秋田県立脳血管研究センター)
・基調報告 石川敏一(全国脳卒中者友の会連合会)
・当事者インタビュー「私が語る「家族が語る」
・鼎談(1)大橋正洋(神奈川リハビリテーション病院)
      笠井雅雄(グループ・ピアズ)、東川悦子(日本脳外傷友の会)
・当事者パフォーマンス
(2日目)
・研究部会発表
・神奈川からのメッセージ「私たちがつくる神奈川まちまっぷ」
・軽スポーツ体験コーナー
・鼎談(2)伊藤利之(横浜市総合リハビリテーションセンター)
      北山晴一(社会学者)、長谷川宏(哲学者)
・パネルディスカッション「地域で生きる 帆をあげて」
 司会:生方克之(神奈川リハビリテーション病院)&北山晴一(社会学者)

化粧文化研究会(第25回)開催のご案内
「女性の化粧の変遷と資生堂〜1960・70・80年代〜」
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2013年3月1日(金)14時〜17時分(質疑を含む)
場所:資生堂企業資料館 〒436-0025 静岡県掛川市下俣751-1  電話0537‐23‐6122
講師:富川 栄(資生堂メーキャップアーティスト)
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
(参加費・資料代:500円)
事務局 noriko.himeno@to.shiseido.co.jp   http://www.jface.jp/pdf/event130301.pdf

伝統の大阪樟蔭女子大学に化粧ファッション学の拠点が誕生
大阪樟蔭女子大学に大学院「化粧ファッション学専攻」開設
社会人対応、男女共学、昼夜開講
開設時期:2013年4月1日
募集定員:10名
試験日:2月16日(土)
出願期間:1月15日(火)〜2月8日(金)
出願資格審査申込締め切り:1月18日(金)
進学相談会:1月16日(水)、23日(水)18時から
http://cheer.osaka-shoin.ac.jp/beauty_fashion/index.html
E-mail: beauty-fashion@osaka-shoin.ac.jp

2012年
化粧文化研究会(第24回)「台湾で葬儀時に使用する紙製化粧品について」
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2012年12月15日(土)15時〜17時30分(質疑を含む)
場所:資生堂ビューティークリエーション研究センター(4F会議室)
(東京都品川区五反田3−9−1、電話:03-3494-8419)
講師:山本芳美(都留文科大学准教授)
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
(参加費・資料代:500円)
事務局 noriko.himeno@to.shiseido.co.jp

「社会デザイン学会」Japan Society of Social Design Studiesに名称変更
21世紀社会デザイン研究学会(2006年6月24日成立)は本年度総会(2013年12月1日) において上記のように名称変更しました。

Social Design Review vol.4(21世紀社会デザイン研究学会誌)発行
巻頭言「あらためて社会デザインの意義を考える」(pp.1-6)を執筆しました。
2012年12月1日発行

21世紀社会デザイン研究学会第7回大会
統一テーマ「日本の政治と社会デザイン〜3・11以後の政治的混迷のなかで考える」
場所:跡見学園女子大学文京キャンパス
主なプログラム:
①会員研究会(12月1日13時30分〜)
 ●問題提起のための対論1「市民活動と政治、この50年の歩みから考える」
 登壇者:海老坂武(フランス文学者)&北山晴一(学会会長)
 ●問題提起のための対論2 司会:北山晴一
 非営利活動と政治:中村陽一(立教大学教授)
 科学と政治:米本昌平(総合研究大学院大学教授)
 メディアと政治:野中章弘(アジアプレス・インターナショナル代表)
②公開講演会とパネルディスカッション(12月2日14時45分〜)
 ●基調講演「日本の政治と行政の仕組み、その責任と課題」
 講演者:石原信雄(日本法制学会会長、元内閣官房副長官)
 ●パネル討論「震災復興 政治と行政と私たちの役割」
 登壇者 石原信雄(日本法制学会会長、元内閣官房副長官)
     谷山博史(日本ボランティアセンター代表理事)
     川村仁弘(立教大学教授)
     中村陽一(立教大学教授)
 司会 石川治江(学会副会長)
詳細は学会HPを参照ください:http://www.socialdesign-academy.org/

「日本の洋装化140周年記念シンポジウム」特別講演
日時:2012年11月17日(日)10:30〜12:00
会場:神戸ファッション美術館5階オルビスホール
「140年前の欧州の服飾事情」(仮題)
 講師:北山晴一(大阪樟蔭女子大学教授)

顔学会イヴニングセミナー「化粧学の可能性を考える」
日時:2012年7月17日(火)18時30分〜20時
場所:日本女子大学新泉山館
講師:北山晴一(化粧文化研究者ネットワーク代表)
 *詳細は日本顔学会HPへ http://www.jface.jp

化粧文化研究会(第23回)「東アジアの化粧とマナー」
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2012年6月30日(土)15時〜17時30分(質疑を含む)
場所:資生堂ビューティークリエーション研究センター(4F会議室)
(東京都品川区五反田3−9−1、電話:03-3494-8419)
(参加費・資料代:500円)
講演:東アジアの化粧とマナー
講師:阿部恒之(東北大学大学院文学研究科教授)
司会:北山晴一(ネットワーク代表)
参加申込み:6月8日(金)締切 事務局 nozomi.kimata@to.shiseidou.co.jp まで

乳房文化研究会公開研究会
研究テーマ:乳房―元気について
日時:2012年6月2日(土)14時〜17時30分
場所:(株)ワコール本社ビル(京都)
発表者:木山啓子(特定非営利活動法人JEN理事:事務局長
坂本廣子(食育・料理研究家)
久瑠あさ美(フォルティッシモメンタルルーム代表)
コーディネーター:小森尚子(研究会運営委員)
*詳細は乳房文化研究会HPへ http://www.wacoal.jp/c/nyubou-bunka

21世紀社会デザイン研究学会公開講演会&パネル討論
日時:2012年5月26日(土)14時〜18時
場所:立教大学池袋キャンパス8号館(8201教室)
テーマ:東日本大震災の教訓と今後の巨大災害への備え
講師:林春男(京都大学防災研究所教授)
コメンテーター:北山晴一(学会長)
パネル討論:社会デザイン学の可能性
 笠原清志(立教大学21世紀社会デザイン研究科教授)
 川村仁弘(立教大学21世紀社会デザイン研究科教授)
 北山晴一(学会長)
 中村陽一(立教大学21世紀社会デザイン研究科教授)司会

「メイクの日」で渡邊正人さんが講演&メイク実演(好評終了)
第4回「メイクの日」
日時:2012年5月12日(土)10時〜16時
場所:大阪樟蔭女子大学小阪キャンパス7号棟会館
①公開セミナー:「メイクアップの光と影の舞台裏」
 講師:渡邊正人(メイクアップ・アーティスト、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修了)
②メイクコンテスト(15時から)

「脳損傷、へばなんとす?」(終了、意義深い大会でした)
脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会秋田大会
日時:2012年4月14日(土)13時〜15日(日)15時30分
会場:秋田市民交流プラザ「アルヴェ」
プログラムのほんの一部として:
○基調講演:長田乾(秋田県立脳血管研究センター)
○当事者が語る脳損傷
○対談 長谷川宏(哲学)X 北山晴一(社会学)

化粧文化研究会を開催します
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2012年3月9日(金)14時〜17時20分
会場:大阪樟蔭女子大学小阪キャンパス(近鉄奈良線 河内小阪駅下車)
 〒577-8550 東大阪市菱屋西4−2−26
 講演1:「少女向けメディアにおける“化粧”の表現とその変化」
 講師:増田のぞみ(甲南女子大学講師)
 講演2:「化粧についての臨床心理学的考察」
 講師:日比野英子(大阪樟蔭女子大学教授)
会費:500円(会場でお支払いください)
申込先:takeshi.komatsubara@to.shiseido.co.jp

『異文化経営研究』に招へい論文掲載
題名「食文化研究から見えてくるもの〜グローバル化の中のフランス型ビジネスモデル」
『異文化経営研究』第8号、2011年12月、pp.1˜18
フランスの得意とするラグジャリービジネス(別名ブランドビジネス)の特色を分析した論文です。

乳房文化研究会定例研究会(終了)
研究テーマ:Message from 3.11 母乳でつなぐ命 part2
日時:2012年1月28日(土)午後
場所:(株)ワコール本社(京都)2階会議室
発表者:
安斉育郎(立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長)
鎌田 實(医師・作家)
コーディネーター:
北山晴一(常任運営委員・大阪樟蔭女子大学教授)

2011年
神戸ファッション美術館講演会
「化粧とファッションの不思議な関係」
講師:北山晴一(大阪樟蔭女子大学教授)
日時:2011年12月18日(日)14:00〜15:30
会場:神戸ファッション美術館4階セミナー室
〒658−0032神戸市灘区向洋町中2−9−1 電話078−858−0050
 申込不要、無料 http://www.fashionmuseum.or.jp

化粧文化講演会「身体加工の社会学〜美容整形を中心に」
主催:化粧文化研究者ネットワーク
講師:谷本奈穂(関西大学 総合情報学部 准教授)
日時:2011年12月10日(土)15:00〜17:30
会場:資生堂 ビューティークリエーション研究センター1F会議室
 〒141-0031 東京都品川区西五反田3−9−1 電話03−3494−8419
※お申込締め切り:11月21日(月)

21世紀社会デザイン研究学会第6回大会を開催します
統一テーマ:「3.11以後の日本と社会デザイン」
日時:2011年12月3日(土)、4日(日)
場所:立教大学池袋キャンパス
主なプログラム:
①会員研究会(12月3日13時30分)
 対論「いのちのかたち くにのかたち」
 登壇者:栗原彬(学会顧問)&北山晴一(学会会長)
②公開講演会(12月4日15時 開場)
 「飯舘村はよみがえる〜飯舘村30年のくらし」
 講演者:菅野典雄 福島県飯舘村長
詳細はHPを参照ください: http://www.socialdesign-academy.org/

社会デザイン理論研究会公開討論
テーマ:「社会デザイン学の可能性 番外編」
登壇者:中村陽一(立教大学21世紀社会デザイン研究科委員長)
    梅原宏司(社会デザイン理論研究会会員)
モデレータ:北山晴一(社会デザイン理論研究会会員)
日時:11月7日(月18:00〜(※秋休み最終日)
会場:立教大学池袋キャンパス太刀川記念館1階会議室
※参加自由、申込不要

食の文化シンポジウム 2011
「わたしたちは何を食べていくのか
−食の経済と文化のつながりの中でー」
日時:2011年11月12日(土)13:00-16:40
場所:味の素グループ高輪研修センター
コーディネーター:南直人(京都橘大学文学部教授)
基調講演
 中嶋康行(東京大学大学院農学生命科学研究科准教授)
パネル討論パネリスト
 北山晴一(大阪樟蔭女子大学教授)
 丸井英二(順天堂大学医学部教授)
 白田典子(良品工房代表取締役)
コーディネーター
 南直人(京都橘大学教授)
問い合わせ先:03−5488−7318
(財)味の素食の文化センター

徹底検証 日本のファッション力を考える
(杉野学園主催 日本のファッション力研究講座)
第9回パネル「 21世紀のファッション&ファッションシステムを考える」に参加
日時:2011年7月15日18時〜20時
場所:杉野服飾大学第2新校舎2202教室
パネル討論パネリスト
 生駒芳子(ファッションジャーナリスト)
 小島健輔(小島ファッションマーケティング代表取締役)
 北山晴一(立教大学名誉教授)
 信田阿芸子(JWF推進機構国際ディレクター)
 森孝之(大垣女子短期大学名誉教授)
 織田晃(杉野服飾大学教授)
総合司会 田居克人(ヨミウリスタイルマガジン編集長)
基調講演 森孝之(大垣女子短期大学名誉教授)

「地域リハビリテーション」誌(2011年7月号)に執筆
特集:新しいコミュニティケアの実現にむけて
タイトル:「ケアリングと社会デザイン」(515〜520頁)
発行日:2011年7月15日
発行所:三輪書店

味の素食の文化センター公開講座
食文化から考えるフランスの文化A
講師:北山晴一(大阪樟蔭女子大学教授)
日時:2011年7月2日(土)14時〜16時
場所:味の素高輪健修センター

『密命・25覇者』(シリーズ最新刊)の解説執筆
解説タイトル:「剣と剣者の物語はどこへ行く」(319〜335頁)
発行日:2011年6月15日
発行所:祥伝社

ファッション・ビジネス学会総会で特別講演
題目:21世紀の社会デザイン
日時:2011年5月14日(土)14時30分〜
場所:文化学園大学A201教室

Social Dive展カタログに寄稿
発行日:2011年3月
発行所:Arts Chiyoda

「TOHU〜モンレアルのNPOの試み」執筆
所収「境界を越えて〜比較文明学の現在」 (立教比較文明学会紀要、9〜30頁)
発行日:2011年3月20日

2010年
Social Design Review vol.2
21世紀社会デザイン研究学会誌)発行

巻頭言「社会デザインの現在」を執筆しました。
2010年12月4日発行

21世紀社会デザイン研究学会第5回大会
日時:2010年12月4日、5日
場所:跡見学園女子大学文京キャンパス
統一テーマ:環境と社会デザイン
基調講演:内山節(立教大学教授)

味の素食の文化財団シンポジウム
「医食同源、再考」開催

日時:2010年11月6日13時30分
場所:味の素グループ高輪研修センターホール
コーディネーター:北山晴一(大阪樟蔭女子大学教授)
基調講演:津金昌一郎(国立がんセンターがん予防・検診研究センター予防研究部長)
パネル討論パネリスト
 鈴木眞理(政策研究大学院大学教授)
 謝敏h((株)星福薬膳店主)
 真柳誠(茨城大学教授)

大阪樟蔭女子大学ファッションセミナー講演
日時:2010年10月23日(土)13時から
場所:大阪樟蔭女子大学(小坂キャンパス)
講演内容:「ファーストファッションの行き着く先は?」

乳房文化研究会公開研究会
日時:2010年10月16日(土)
場所:(株)ワコール本社(京都)
研究テーマ:ダンスと乳房
発表者:
  TAMAYO(バーレスク・ダンサー)
  御織しおり(宝塚振付師)
  大塩立華(脳科学者、振付師)
コーディネーター:北山晴一(大阪樟蔭女子大学)

食の専門誌「VESTA」特集「デザート文化」に寄稿
「フランス料理の中のパティスリーとパティシエ〜誰が何をつくっていたか」
食の専門誌「VESTA」(農文協、第80号、2010年10月、12〜19頁)

『「医食同源」 食とこころ・からだ』(津金昌一郎編、巻頭言:北山晴一) 刊行
味の素食の文化フォーラム28(2009年度)研究発表・討議記録
執筆者:津金昌一郎、梅崎昌裕、櫻井治男、北山晴一、真柳誠、渡辺賢治、樺山紘一、野間俊一、梅垣敬三、佐々木敏
担当執筆箇所「ヨーロッパ世界の食の秩序」(70〜88頁)
ドメス出版、総頁数261、2010年

異文化経営学会で招へい講演
日時:2010年7月24日(土)16:10〜17:30
場所:明治大学駿河台キャンパス研究棟2階
講演内容:「フランスの食文化研究の苦しみと歓び」

立教大学名誉教授記授与式
日時:2010年7月8日10時30分〜
場所:立教大学諸聖徒礼拝堂(池袋キャンパス)
*6月10日付で名誉教授となりました。

日本生産性本部で講演
日時:2010年6月29日(火)13時〜14時45分
場所:KKRホテル東京 11F「鳳凰」
テーマ:「日本人の働き方と幸福感」

日本ボランティア学会パネルディスカッション参加
日時:6月26日(土)13時30分〜17時30分
場所:明治学院大学白金キャンパス(チャペル)
内容:社会デザインとインクルーシブデザイン
21世紀社会デザイン研究学会とのジョイントセッション)

乳房文化研究会公開研究会
日時:2010年6月5日(土)
場所:(株)ワコール本社(京都)
研究テーマ:サブカルチャーと乳房
発表者:
表 智之 先生(京都国際マンガミュージアム研究員)
川原 和子 先生(マンガエッセイスト)
ボーメ 先生(海洋堂造形師 代表)
コーディネーター:北山晴一(大阪樟蔭女子大学)

『食、その伝統と未来』(共著、ドメス出版、総頁数222、2010年5月)が刊行されました
熊倉功夫編、執筆者:原田信男、小長谷有紀、岩田三代、
全京秀、北山晴一、宮治美江子、石毛直道
味の素食の文化財団シンポジウム(2009年11月開催)の記録集です。

本日(2010年3月31日)をもって立教大学を退職いたしました。
1987年4月以来、23年間、お世話になったみなさまに感謝いたします。

北山晴一教授退任記念講演会
日時:2010年3月20日(土)13:00〜 (開場12:30  懇親会を含め18:00終了予定)
場所:立教大学池袋キャンパス太刀川記念館3階多目的ホール
講演内容:
 第T部:俗世間と認識論〜比較文明学の行方
 第U部:社会デザインとは何か、なぜ、いま社会デザインなのか
立教大学院 北山晴一ゼミ院生・修了生 有志一同
*当日は会費制の予定です。詳細は追ってお知らせします。
*お問い合わせはメール(320kitayama@gmail.com) またはファックス(03-3985-2181)にて承ります。

2009年

比較文明学会第27回大会
公開シンポジウム 「収奪文明から還流文明へ」
パネリスト参加
日時:2009年11月28日(土)〜29日(日)15:30〜18:30
場所:立教大学池袋キャンパス8号館8201
パネリスト:
   森 孝一(同志社大学)、鬼頭 宏(上智大学)、
   宮治美江子(東京国際大学)、北山晴一(立教大学)*
コメンテーター:染谷臣道(麗澤大学)
司会:松本亮三(東海大学)

第4回 21世紀社会デザイン研究学会 年次大会開催
日時:2009年12月5日(土)、6日(日)
場所:立教大学 池袋キャンパス
テーマ「しあわせを紡ぐ社会デザイン−21世紀を生きる知とは−」

雑誌「クロワッサンPremium」に掲載
2010年1月号11月20日発売、 pp.091-095
「ファストファッション時代に、大人はどう装うか。」
西山栄子さん(ファッションコーディネーター)との対談

食の文化シンポジウム2009 "食"−その伝統と未来−
日時:2009年11月7日(土)13:00〜16:40
場所:味の素グループ高輪研修センター
13:20〜第一部 基調講演
15:00〜パネルディスカッション
 パネリスト
 岩田三代 日本経済新聞社 論説委員
 全 京秀 ソウル大学 教授
 北山晴一 立教大学大学院 教授
 宮治美江子 東京国際大学 名誉教授

「立教・フランス・衣・食」中村江里子さんとトークショー
日時:10月27日(火)18:30〜
場所:銀座 十字屋ホール

◆『世界の食文化 第16巻 フランス』の書評が載りました。
評者は樺山紘一先生です。
食の文化誌 Vesta 75号2009年7月  発行:(財)味の素 食の文化センター

◆2009年6月9日に行われた 総合研究開発機構(NIRA) の座談会の内容が掲載されました。
NIRAフォーラム:「貯蓄」から「消費」へ

朝日新聞に記事掲載
2009年6月4日夕刊   「80年代スタイルが復活---明るい未来 求める時代

考える高校生のためのサイト mammo tv に インタビュー記事が載りました。
幸せは、「いま・ここ」にいる自分の肯定から始まる。

日本経済新聞 にインタビュー掲載
2009年4月16日夕刊 「こころ」のページ  「幸せになれない社会−生き方変える今が好機」

食の文化誌ヴェスタ Vesta 2009年4月 74号に掲載
「食のフランスモデルと朝食の変容」
発行:(財)味の素 食の文化センター

ムハマド・ユヌスさんと再会2009年3月16日

◆雑誌Esquire エスクァイアに掲載
もう一度、学校へ行こう。 ニッポンのリベラルアーツ、最前線。
(APR.2009 Vol.23 No.4 pp.076-077)

(仮)脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会プレシンポジウム
日時:2009年2月28日(土)12:00〜開場
場所:ベルサール神田
 13:15〜第一部パネリストによる発表
 15:00〜第二部 対談 長谷川宏×北山晴一

『祝祭の衣装展  ロココ時代のフランス宮廷を中心に』 図録所収pp.12-15
「フランス式生活の芸術の基盤ができあがった時代」
場所:目黒美術館
開催期間:2009年2月11日(水・祝)〜3月29日(日)

『境界を越えて 比較文明学の現在』
立教大学比較文明 学会 紀要 第9号 pp.85-107
「80年代を語ることの意味 −時代はいかにして閉じられていったか−」

ファズレ・ハサン・アベッド博士
名誉博士学位授与記念講演会

「社会変革への新しい道」  A New Path to Innovate Our Global Society
日時:2009年1月20日(火) 13:30〜15:30 (開場13:00)
場所:立教大学池袋キャンパスタッカーホール
講師:ファズレ・ハサン・アベッド氏(社会起業家)
司会:北山晴一

2008年

12月20日発売です
世界の食文化 第16巻 フランス」  北山晴一著(農文協)

週刊エコノミストに記事掲載
シリーズ CSRを考える 「社会デザインという営みが目指すもの」
(12月16日新年特大号 pp.92-93)

第3回 21世紀社会デザイン研究学会 年次大会開催
日時:2008年12月6日(土)、7日(日)
場所:立教大学 池袋キャンパス
テーマ「社会デザインと個人の役割 〜浮遊する個の現状を考える〜」

◆ツモリ・チサトなど素晴らしいデザイン画が満載です。
海外の服飾デザイナー60人によるファッションイラスト・コレクション
レアード・ボレリ著、北山晴一監修 (エムディエヌコーポレーション刊)

品切れ解消、訳書が復刊されました。
東京国際ブックrフェア記念復刊2008年7月
フランツ・ファノン『アフリカ革命に向けて』 (北山晴一訳、みすず書房)

朝日コム 立教ジャーナル
「現代世界論」授業中〜結論よりも笑い

日本ボランティア学会2008年度大会
パネルディスカッション
祝祭空間と知の身体──美にふれ、魂がうたうまち
コーディネーター:北山晴一
日時:2008年6月28日(土)14:00〜16:30
場所:青森県立保健大学(青森県青森市)

21世紀社会デザイン研究科公開講演会
演題:グローバリゼーションのなかでの文化の社会デザイン〜NPO研究から言政学へ
日時:2008年3月17日(月)18:30〜20:30
場所:立教大学 池袋キャンパス  8号館 8101教室 1階
特別講演・パネリスト:青木保(文化庁長官)
基調講演・パネリスト:ヘルムート・アンハイアー(UCLA教授、ハイデルベルク大学教授)
パネリスト:小林登志生(メディア教育開発センター教授、総合研究大学院大学教授、ユネスコ日本委員会委員)
北山晴一(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・文学部教授、21世紀社会デザイン研究学会会長)
コーディネーター:出口正之(国立民族学博物館教授、総合研究大学院大学教授、21世紀社会デザイン研究学会副会長)

日本NPO学会第10回年次大会
3月15日(土)中央大学 後楽園キャンパス
21世紀社会デザイン研究学会ジョイント企画
「NPO研究と社会デザイン研究はどのように交差するのか ―学際的ネットワーキングへ向けて」
パネリスト:北山晴一(立教大学教授)、出口正之(国立民族学博物館教授)、服部篤子(CAC社会起業家研究ネットワーク代表)
モデレーター:中村陽一(立教大学教授)

連続オープンセミナー講演会
連続オープンセミナー《ラグジャリーの本質》第2回講演会
講師:北山晴一(立教大学教授)
演題:「贅沢と顕示」
日時:2008年1月19日(土)午後2時〜4時
場所:京都国立近代美術館1階 講堂
主催:京都国立近代美術館  京都服飾文化研究財団(KCI)

ダイナーズクラブ・メンバー向けマガジン
 VALUES特別号に寄稿

「輝きが語りかけるとき 宝飾品の意味するもの」
(Values, the magazine for Diners Club premium card members,2007 winter) Special Issue The Value of Luxe Watch & Jewelry, pp.15-17.

2007年

連続公開研究会
シリーズ・ワコールポスターを見ながら(2)
演題:女の目、男の目、人間の目から見る身体と乳房
講師:笠原美智子(東京都写真美術館学芸員、事業企画課長)
コーディネーター:北山晴一(立教大学教授)
日時:2007年10月13日(土)14:00〜17:10
場所:(株)ワコール本社ビル10階会議室
主催:乳房文化研究会
協賛:株式会社ワコール

連続公開研究会
シリーズ・ワコールポスターを見ながら(1)
演題:見せることと隠すことの攻防
講師:長澤均(アートディレクター)
コーディネーター:北山晴一(立教大学教授)
日時:2007年06月02日(土)14:00〜17:10
場所:(株)ワコール本社ビル2階会議室
主催:乳房文化研究会
協賛:株式会社ワコール

雑誌「iichiko いいちこ掲載
連載第1回「モードあるいはファッションを考える意味」
雑誌 iichiko NO.95. pp.6-21
特集「ファッション・カルチャーU」所収  2007.07.20 発行

日経新聞(2007年8月11日夕刊)に「しがらみ学会」設立を提唱する記事掲載
タイトル: 「団塊定年、地域に家庭に戻るには、しがらみ見直す 恐れず生身の交流」

毎日新聞読書欄に掲載
このひと・この3冊 北山晴一選 ボードリヤール
毎日新聞2007年4月29日(日)朝刊11面

21_21 DESIGNSIGHT BOOKに寄稿
21世紀社会デザイン学の必要性を提唱する 北山晴一の文章が載りました。
21_21 DESIGN SIGHT BOOK Vol.1, pp.69

◆雑誌掲載
私の胸にある大事な乳房「社会学的・文化人類学的アプローチ」
小学館 「美的」2007年4月号

◆インタビュー掲載
フジサンケイビジネスアイ 2007年1月10日13面

2006年

日仏シンポジウム
企業の社会的価値〜ひとづくりとものづくり〜
特別講演 北山晴一(立教大学大学院教授)
日時:2006年11月27日(月)14:00〜16:00(13:00受付開始)
会場:日経ホール(東京都千代田区大手町1-9-5 日本経済新聞社8F)
主催:日本経済新聞社 対仏投資庁 (AFII)
★日本経済新聞 夕刊掲載 12月19日

知り合いの森村泰昌さんのイベント案内です
森村泰昌
SHUGOARTS シュウゴアーツ
烈火の季節/なにものかへのレクイエム・その壱
Yasumasa MORIMURA   ”Seasons of Passion / A Requiem : Chapter 1”
会期:2006年11月11日(土)〜12月16日(土)
初日(11/11)に19時から約10分間のパフォーマンスがあります

乳房文化研究会設立15周年企画「乳房と表象」開催
場所:東京・青山スパイラルホール(地下鉄「表参道」下車)
日時:2006年10月7日(土)14時から
第一部 パネルトーク「おっぱいの話できますか」
 長谷川眞理子(総合研究大学院大学教授)
 深井晃子(京都服飾文化研究財団チーフキュレーター)
 内田春菊(漫画家・作家・女優)
コーディネーター:北山晴一(立教大学教授)
第二部 アートコラボレーション「A Song of Artemis アルテミス賛歌」
 出演:高田みどり(パーカッション)、本郷重彦(舞台造形)

食の文化誌ヴェスタ Vesta
「食のコスチューム」(2006年7月)責任編集
発行:(財)味の素 食の文化センター

シンポジウム・パネリスト参加
第13回繊維ファッション産学交流会議
テーマ:「産学連携で育むファッションクリエーション」
場所:アルカディア市ヶ谷
日時:2006年7月13日(木)14:00〜18:30
主催:繊維ファッション産学協議会
後援:経済産業省、文部科学省

21世紀社会デザイン研究学会設立総会
2006年6月24日(土)、立教大学で設立総会が行われました。
発起人代表(福原義春資生堂名誉会長、北山晴一立教大学教授)挨拶のあと、清原慶子三鷹市長の基調講演が行なわれ、役員および事業計画が承認され、学会が正式に発足しました。

映画「ママン」(監督:クリストフ・オノレ、主演:イザベル・ユペール)のプログラムに拙文掲載
「ママン」の原作は、ジョルジュ・バタイユ『わが母』。
拙文「1906年の話」では、原作と映画作品との関係、幸福と至高の愛などを扱っています。

インタビュー掲載
「ソーシャル・デザインの時代」
三井物産戦略研究所 The World Compass,2006年6月号

北山晴一の所属学科が変わりました
2006年4月1日に立教大学文学部の研究教育組織が改編され、
それに伴い北山晴一の所属学科が以下のように変わりました。
(2006年3月まで)文学部フランス文学科所属
(2006年4月から)文学部文学科文芸・思想専修所属

エッセイ掲載
「ロマンティックとピュアネス」(pureness new特集巻頭エッセイPoint of view)
雑誌 hi-fashion 2006月4月号、pp.32-33、文化出版局、2006.04.01

書評
『ファッションと身体』 (ジョアン・エントウィッスル著、鈴木信雄監訳、日本経済評論社)
内容:「ファッション」と「衣服」との間に生じる交渉を研究 ,「生産と消費の 間の失われた環」としての「身体」を対象に
図書新聞2762号(2006.02.18)

2005年

立教大学比較文明学会総会・公開セミナー
日時: 2005年12月5日(月) 16時半〜
場所: 立教大学池袋キャンパス太刀川記念館3階 多目的ホール(参加無料)
   <第二部>18時〜19時半
 公開セミナー 『脳・クオリア・心の比較文明学的意味』
講師: 茂木健一郎氏(ソニーコンピュータサイエンス研究所/東京工業大学客員助教授)
司会: 北山晴一(本学大学院文学研究科比較文明学専攻教授)
page top↑