更新日 2018.10.14  
French Version here

北山晴一


KITAYAMA Seiichi

所属
立教大学名誉教授
文化ファッション大学院大学客員教授
社会デザイン学会会長
一般社団法人社会デザイン研究所代表理事

◆専門と研究領域(詳細はプロフィール欄参照)
社会学、社会デザイン学、比較文明学、
歴史学(おもに社会史)


新着情報

友人知人ゼミ修了者の著書出版
三橋順子『新宿 性なる街の歴史地理』(朝日選書977)
『女装と日本人』(講談社現代新書、橋本峰雄賞受賞)に続く三橋さんの単著。
学問的蓄積と物語性を融合させた素晴らし著作です。
三橋さんは25年来のたいせつな友人です。

「比べてみよう世界の食と文化」(MEIJI)のフランス編を監修
世界の食と文化を小学生高学年から楽しく学べるサイトです。
以下のURLから閲覧できます。
https://www.meiji.co.jp/meiji-shokuiku/worldculture/france/

第6回社会デザイン賞(大賞および奨励賞)、応募締切(10月16日)迫る!
昨年の大賞受賞者は、花田昌宣氏(熊本学園大学教授、水俣学研究センター長)、 一昨年は、大賞が藤田和芳氏((椛蜥nを守る会 代表取締役社長)、優秀賞が劇団「態変」(主宰:金滿里)でした。
応募要項等の詳細は。下記、社会デザイン学会HPを参照ください。

「無産性の輝き」、あるいは「〈社会の他者〉としての社会学者」…。
これらのことばは、直近の世相に反応したものではない。芸術や学問の世界から響いてきた言葉。以下、友人知人の近刊ニュースです。
①ロザリンド・E・クラウス『独身者』(井上康彦訳、平凡社、原著:Bachelors, by Rosalind E.Krauss)。訳者の井上康彦君は立教大学文学部の出身。
②奥村隆『反転と残余』(弘文堂)
奥村隆さんは元同僚。同志かもしれません。言葉を紡いでいくことの大切さに立ち戻らせてくれます。

化粧文化研究者ネットワーク第48回研究会のご案内
テーマ:日本におけるアロマセラピーの現在
講師:市邊昌史氏(国際アロマセラピー科学研究所)
日時:2018年 9月 14日(金)14:00−16:45
会場: 大阪樟蔭女子大学4号棟3階 メイク実習室2
(盛況理に終了いたしました)

新着の寄稿記事です。
「ヴィーガンが問いかけるもの」(特集「食の分岐点」、”Vesta” 食文化誌ヴェスタ、第111号、2018年8月1日発行、pp.40-45)

社会デザイン学会年次大会開催
日時:2018年7月15日(日)
場所:跡見学園女子大学文京キャンパス
統一テーマ:ともに自分らしく生きられる社会をめざして〜性とジェンダーと社会デザインを考える
公開講演会 14:00〜18:10(以下、概要です)
講演① セクシュアル・ハラスメント、その現状と制度について
講師:西尾孝幸氏(弁護士)
講演② LGBT、出張研修の現場から見た職場における取組について
講師:金澤恭平氏(特定非営利活動法人ReBit・就活事業部マネージャー)
講演③ 性的マイノリティと大学での取り組みの経験から
講師:田中かず子氏(ファーメント代表、国際基督教大学元教授)
講演④ 社会と教育におけるLGBTの権利保障について
講師:高橋裕子氏(津田塾大学学長)
公開講演会部分(14時開始)は、入場無料です。
詳細は、以下をご覧ください。
社会デザイン学会  URL:http://www.socialdesign-academy.org/

日本脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会年次大会
ことしは島根県出雲市で開催。題して「しまね縁結び大会」となります。
副題が「縁、再び…そし愛〜地域の中に新たな縁を築く〜」
日時:2018年7月7日(土)& 8日(日)
会場:ビッグハート出雲(JR出雲市駅 南口隣接徒歩1分)
私は2日目最後のパネル討論「ともに生きるために」で登壇予定です。
講師:新藤優子(ケアマネージャー)、高橋幸男(医師)、長谷川宏(哲学)、北山晴一(社会学)
コーディネーター:塩飽邦憲(島根大学名誉教授)
詳細は右記参照:http://caring-jp.com/wp/infomations/

化粧文化研究者ネットワーク第47回研究会のご案内
テーマ:人を輝かせるメイクの力
講師:岡元 美也子氏(資生堂トップヘアメイクアップアーティスト)
日時:2018年 6月 30日(土) 14:00−16:45
会場:(株)資生堂 汐留ビル1階 PIT 〒105-8310 東京都港区東新橋1-6-2(地図
詳細および申込みは下記のURLをご利用ください。
URL:http://keshobunka.com/
お申し込みフォーム

一般社団法人社会デザイン研究所活動報告会
恒例の特別研究員による活動報告会を下記の要領で行いました。
日時:2018年6月17日17時30分から
場所:公益財団法人日本法制学会会議室

いつもとは違うパネル討論に参加します。
立教セカンドステージ大学10周年記念連続フォーラム1
「人生が変わる住まいと健康のリノベーション〜人生100年時代における幸福戦略」
日時:2018年6月15日(金)18:30〜21:00
場所:太刀川記念館3階 カンファレンス・ルーム
事前申し込み不要、入場無料です。
問い合わせ:立教セカンドステージ大学事務室 TEL: 03-3985-4672

ゼミ出身者(大阪樟蔭女子大学大学院修了)の出版案内です。
『ファッション業界の流通・社会・流行・世代〜需要と供給の関係』(日本国語国学研究所、1800円)著者は中谷友机子さん(岐阜市立女子短期大学准教授)です。
CDで詳細なファッション関連年表が見られます。

「帰ってみれば、こは如何に…」
立教セカンドステージ大学ニューズレター第20号に巻頭言掲載)

共編著『身体はだれのものか』(昭和堂、2018年3月)刊行されました。
執筆箇所は、第1章「消費社会の発展と近代的身体の発見―近代ヨーロッパ社会における身体ケアと身体表現」(3〜44頁)です。

kitayama_photo_b 友人知人ゼミ出身者の著作、続々出版のご案内。
①片上平二郎『アドルノという「社会学者」』(晃洋書房)
片上さん(北山ゼミ修了生)はこの4月から立教大学社会学部准教授着任。
②甲斐徹郎・星旦二『人生を変える住まいと健康のリノベーション 人生100年時代の幸福戦略』(新建新聞社、住総研住まい読本)
甲斐さんは旧知の友人で立教セカンドステージ大学での同僚です。

近刊予定の案内です。
①社会デザイン学会学会誌第9号(Social Design Review Vol.9)
 巻頭言「分断、記憶、そして社会デザイン」を執筆しています。
(すでに刊行されました。問い合わせ:学会事務局
②共編著
 『身体はだれのものか〜比較史でみる装いとケア』(昭和堂、近刊)
 南直人さん、日比野英子さん、田端泰子さん との共編です。


=========== 以前の更新情報 ===========
page top↑
Copyright(c) kitayama seiichi Dec. 2005 All rights reserved.