更新日 2018.05.21  
French Version here

北山晴一


KITAYAMA Seiichi

所属
立教大学名誉教授
文化ファッション大学院大学客員教授
社会デザイン学会会長
一般社団法人社会デザイン研究所代表理事

◆専門と研究領域(詳細はプロフィール欄参照)
社会学、社会デザイン学、比較文明学、
歴史学(おもに社会史)


新着情報

社会デザイン学会年次大会開催
日時:2018年7月15日(日)
場所:跡見学園女子大学文京キャンパス
統一テーマ:ともに自分らしく生きられる社会をめざして〜性とジェンダーと社会デザインを考える
詳細は、追って公開します。
社会デザイン学会
URL:http://www.socialdesign-academy.org/

化粧文化研究者ネットワーク第47回研究会のご案内
テーマ:人を輝かせるメイクの力
講師:岡元 美也子氏(資生堂トップヘアメイクアップアーティスト)
日時:2018年 6月 30日(土) 14:00−16:45
会場:(株)資生堂 汐留ビル 1F PIT
   〒105-8310 東京都港区東新橋1-6-2(地図
詳細および申込みは下記のURLをご利用ください。
URL:http://keshobunka.com/
お申し込みフォーム

いつもとは違うパネル討論に参加します。
立教セカンドステージ大学10周年記念連続フォーラム1
「人生が変わる住まいと健康のリノベーション〜人生100年時代における幸福戦略」
日時:2018年6月15日(金)18:30〜21:00
場所:太刀川記念館3階 カンファレンス・ルーム
事前申し込み不要、入場無料です。
問い合わせ:立教セカンドステージ大学事務室
TEL: 03-3985-4672

ゼミ出身者(大阪樟蔭女子大学大学院修了)の出版案内です。
『ファッション業界の流通・社会・流行・世代〜需要と供給の関係』(日本国語国学研究所、1800円)著者は中谷友机子さん(岐阜市立女子短期大学准教授)です。
CDで詳細なファッション関連年表が見られます。

「帰ってみれば、こは如何に…」
立教セカンドステージ大学ニューズレター第20号に巻頭言掲載)

共編著『身体はだれのものか』(昭和堂、2018年3月)刊行されました。
執筆箇所は、第1章「消費社会の発展と近代的身体の発見―近代ヨーロッパ社会における身体ケアと身体表現」(3〜44頁)です。

友人知人ゼミ出身者の著作、続々出版のご案内。
①片上平二郎『アドルノという「社会学者」』(晃洋書房)
片上さん(北山ゼミ修了生)はこの4月から立教大学社会学部准教授着任。
②甲斐徹郎・星旦二『人生を変える住まいと健康のリノベーション 人生100年時代の幸福戦略』(新建新聞社、住総研住まい読本)
甲斐さんは旧知の友人で立教セカンドステージ大学での同僚です。

近刊予定の案内です。
①社会デザイン学会学会誌第9号(Social Design Review Vol.9)
 巻頭言「分断、記憶、そして社会デザイン」を執筆しています。
(すでに刊行されました。問い合わせ:学会事務局
②共編著
 『身体はだれのものか〜比較史でみる装いとケア』(昭和堂、近刊)
 南直人さん、日比野英子さん、田端泰子さん との共編です。

トークと写真展
3.11から7年 次世代につなぐふくしま
の案内
ゼミ修了生の菊地栄さんが参加します。
日時:2018年3月11日(日)14時〜17時
場所:ほびっと村学校(東京都西荻南3−15−3)西荻駅南口2分
トーク講師:菊地栄、いとうえみこ、関久雄
参加費:1500円、要予約
申込みと問合せ:hobitt@ea.mbn.or.jp 電話:03-3332-1187
同時開催:きくちさかえ写真展「Fukushima Photo Familiar」

化粧文化研究会(第46回)開催のご案内
主催:化粧文化研究者ネットワーク
講師:松下 戦具 先生(まつした・そよぐ 大阪樟蔭女子大学 准教授)
題目:美容整形への抵抗感はどこから来るか?
日時:2018年3月9日(金) 14:00−16:45
会場: 大阪樟蔭女子大学4号棟3階 メイク実習室2
〒577-8550 大阪府東大阪市菱屋西4-2-26
*要・事前申し込み、参加費・資料代:500円
お申し込み先:化粧文化研究者ネットワーク世話人
川野佐江子宛 kawano.saeko@osaka-shoin.ac.jp
あるいは化粧文化研究者ネットワークHP

昨年に続き、「なら食と農の魅力創造国際大学校(NAFIC)」で集中講義。
2018年4月から奈良県桜井市にある上記の機関で「世界の食文化」を担当します。

立教セカンドステージ大学、今年度も担当します。
2018年4月からゼミナール担当、9月からは授業「俗世間と認識論」も。

友人知人の著作出版の案内です。
今回は花田昌宣さん(社会デザイン大賞受賞者)。
花田昌宣・久保田好生編『いま何が問われているか 水俣病の歴史と現在』(くんぷる、2017年12月8日、刊)

kitayama_photo_b 化粧文化研究会(第45回)開催のお知らせ
主催:化粧文化研究者ネットワーク
日時:2017年12月16日(土) 14:00−16:45
講師:山村博美氏(化粧文化研究家)
演題:化粧の日本史〜美意識の移り変わり(仮題)
会場:資生堂 汐留FSビル 11F SABFA教室(予定)
〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-16
汐留FSビルへの交通・アクセス地図
*要・事前申し込み、参加費・資料代:500円
申し込み先:化粧文化研究者ネットワーク
*化粧文化研究者ネットワーク事務局
*事務局:(株)資生堂ビューティークリエーション部 担当:高野
e-mail: ruriko.takano@to.shiseido.co.jp


=========== 以前の更新情報 ===========
page top↑
Copyright(c) kitayama seiichi Dec. 2005 All rights reserved.